スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーロボット大戦W レビュー 再放送

■スーパーロボット大戦W

スーパーロボット大戦W(特典無し) スーパーロボット大戦W(特典無し)
(2007/03/01)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 J以来の新作スパロボ。XOとか買ったりしてない限りは。
 これでRとかJ程度の出来だったら(この二つも嫌いではないが)どうしようかなと思ったが、予想を遥かに越える出来だったので嬉しかった。
 大量のクロスオーバー、据え置き機にも負けない戦闘シーン。 ……スパロボは評価する部分が主にここしかない気もするが。

 一応ネタバレあんましてないけど



・ストーリー評価

 個人的に過去最高だった(当時)
 今までの作品で好きなのはα外伝、D、MXっていうかんじの僕です。
 参戦してる作品で見たことないのはテッカマンブレード二作品、デトネイター・オーガン、百獣王ゴライオンくらいです。
 ブレードはJでも参戦してたのでさわり程度は解る。
 なのでほとんど原作を知ってる作品ばっかでした。
 だからこそ今回のクロスオーバー豊富なシナリオは面白かった。
 既存の作品(主にαシリーズ)と違って原作再現垂れ流し的な感じではなく、一話の中でいくつかの作品が良い方向で絡む。
 でも押さえるべき原作再現ポイントは押さえてくるので良い味出してます。特にテッカマンブレード。 
 よく言われるオリジナル系がでしゃばってウザいってのも感じない。私は元々感じない。
 オリジナルキャラの設定がファミリーだからか、参戦作品が横の繋がりで繋がっていってメンバー全員が家族って印象になってるのが良かったのかもなぁ。
 作品として冷遇されてるのもあるけど、空気になってないのも好印象。原作再現的には少ないSEED本編も別に空気ではなく、後半シナリオ多いしね。すげぇ、ツッコまれてるけど。
 ネタやギャグが多いのも特徴的かな。ロンゲーズとか。
 
・音楽

 音質がGBAの頃から考えると凄い進歩です。
 選曲は妙なツボをついてるのがいくつかあった。ナデシコ、SEEDに。
 個人的に良かったと思う原作系の曲はフルメタルパニックの「南風」、ナデシコの「レッツゴー!ゲキガンガー3」、ガオガイガーの「勇気ある戦い」、オーガンの「バンディリア旅行団」。
 逆にう~んって思ったのは勇者王誕生!集大成神話バージョン、もの凄い外し方する部分があります。なんだろうアレ。
 斗え!ゴライオンも気に入った。 ギブアップせい!
 あと効果音もよくなってた。 これは地味に重要。

・戦闘シーン

 携帯機でここまでのものを見れるとはね。
 Jからの流用はあるが演出を変えたり、滑らかに見えるようになってたり、効果音を良くしたりしてる。
 新規組みは据え置きを越えてるんじゃね?て作品もあります。演出的意味で。
 さすがに動きとかの面で見るとドットが荒れたりするからね。
 ガオガイガー関連はサルファより良かったなぁ。

・システム

 回を重ねるごとに確実に良くなってるな。
 精神コマンド一つをとってもまとめて選択するのが簡単になってたり、バグって無限になったり(ぉ
 支援は一回も使わなかった。てか存在を忘れてた。
 ショップで買える機体は良いんだがラインナップがおかしいだろ?
 サーペントとかトーラスはどこだ?(ぉ
 技能が使い捨てってのは良かったと思う。でも買えたらなお良かった。
 

・総評

 個人的には大好きな作品。
 惜しい点はあるもののそれ以上にいい点が多い。
 今後の版権シリーズはコレみたいな作品とは言わないがクロスオーバーで楽しませて欲しい。
 まぁ直近の続編はエラいもんがきたけど。

 今思うと親父が割と酷くてそういう部分的には評価が変わってくるだろうなぁと思う。(2013年現
スポンサーサイト

この記事へのコメント

FC2カウンター
プロフィール

アマハ

Author:アマハ
玩具レビュー停止中
ROBOT魂、S.H.Figuartsをメインでやってたおじさん
今はテケトーに書く

豚を駆逐するマン

下は欲しいもの

GAME
BD・DVD
最近の記事
コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。